コラム

住宅ローン 金利編

今回は住宅ローンの金利の種類についてご説明していきます!!

住宅ローンの金利タイプには、大きく分けて「変動金利型」「固定金利型」の2つがあります。

 

「変動金利型」とは、一定期間ごとに適用金利が見直され、借入期間中に金利が変動する住宅ローンをいいます。

一般的に変動金利型住宅ローンは固定金利型に比べ、借入時の金利が低いというメリットがあります。

借入時点では返済額が確定せず、返済期間中に金利が上昇し、当初の見込みより返済額が増える可能性も勿論あります。その点はデメリットとなります。

ですが、5年ルールというものが一般的であり、返済額の見直しから5年間は、適用金利が上がっても月々の返済額は上がりません。

更に125.0%ルールという月々の返済額の大幅な上昇を防ぐための仕組みがあり、上限額が1.25倍迄となっております。

 

例)月々返済額8万円→上限10万円ということになります。

 

上記のようなルールがある為、返済額が当初の倍になる!といった極端な負担は発生しません。

 

「固定金利型」とは、借入時点の金利が返済期間を通して適用され、返済期間中に借入金利が変動しない住宅ローンをいいます。

メリットは借入時点の返済額が、固定期間は確定するため、返済計画を立てやすいという点です。

デメリットは同タイミング・金融機関で比較すると、借入時点での金利は、他タイプに比べて高めの傾向があるという点になります。

 

固定金利には、「期間選択型」という金利選択方法があります。

借入後一定期間は固定金利が適用され、その期間終了後に自動的に変動金利に変更される、または再度固定金利を選択できる住宅ローンのことをいいます。

固定金利期間選択型の住宅ローンには、固定金利期間によって「3年固定」「5年固定」「10年固定」「全期間固定」などがあり、一般的に固定期間が長いほど適用金利は高くなる傾向があります。

最後に、「全期間固定」とは、借入期間中の金利は返済開始から、ローン完済まで変わらない為、

とても分かりやすい返済方法となっていますが、やはり金利は高めな設定となっていますので他のプランとよく比較検討することも大事かと思われます。

 

最後に、「ミックス型」という選択もありますが、こちらは変動と固定を合わせてリスクを分散するといったイメージになります。

 

住宅ローンの金利タイプを選ぶポイントは

各タイプのメリット・デメリットを理解する

ライフプランにあったタイプを選ぶ

 

上記2点です!

 

「少しでも分からない」「ここを教えて欲しい」などありましたら、

お気軽にご相談ください♬

2022年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930