コラム

中古物件を買ってリフォーム

戸建、マンションにどちらにも言える事ですが、

一般的に新築は中古に比べると同じような広さや立地条件であれば

価格が高くなることがほとんどだと思います。

そこで、中古物件を購入してリフォームするという選択肢があるわけですが、

その場合、どんなメリットとデメリットがあるのか、

以下にそれぞれのポイントを挙げてみましょう。

メリット

1.コスト削減

なにより中古物件は新築よりも価格が抑えられることがあります。

また、リフォームにより自分の好みに合わせた改修ができ、

更に新築よりも総合的なコストを抑えることが可能な場合があります。

 

2.オンリーワン

中古の物件は一度は誰かが住んでいた物件がほとんどの為、

戸建の場合であれば注文住宅として建築したものが中古戸建として販売されることもあります。

前所有者のこだわりが詰まったオンリーワンの物件に出会えることも当然あります。

 

3.立地条件

価格的には新築とさほど変わらなくても、

駅からの距離や土地や建物の広さが好条件の物件があります。

 

デメリット

1.修繕費用

中古物件はリフォーム済物件でない限り、修繕費用が追加で必要です。

また一般的な壁紙張替、キッチン等の交換以外にも屋根、配管、電気配線など、

状態次第では修繕が必要な箇所が出てくる場合があり予測できない部分もあります。

 

2.古い設備

 中古物件は今どきの設備と比べると使いずらかったり、

デザイン的に古かったりといった場合があるかもしれません。

もちろんこういった部分を今どきの設備に交換するには

想定以上の費用が発生する場合があります。

 

3.プランニングの難しさ

 中古物件のリフォームは、建物の既存構造に合わせてプランを練る必要があります。

これには予期せぬ問題が発生する可能性があり、希望のプランでは計画が難しくなることがあります

効率や省エネの制約

 新築物件は新しい建築技術や省エネ基準が採用されているものがほとんどですが、

中古物件は当時の基準で建築されている為、

耐震等級や、省エネ等級といった称号は無い場合が多くなります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

中古戸建を購入してリフォームする際は、計画段階から注意深く検討し、

専門家の助言を得ることが重要です。

物件の状態や予算、好みに応じて、適切な選択をすることが重要です。

 

住宅購入を検討している方、お気軽にご相談ください♬

 

四街道市  千葉市稲毛区山王町 小深町での不動産購入または

不動産 売却は菱信商事にお任せください!!

#不動産売却 #不動産購入 #四街道市不動産  #千葉市稲毛区山王町不動産

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30